便秘になると肌が荒れるのはこんな理由があった!

スポンサーリンク




いつもと同じ生活をしていても便秘になると辛いですよね。

年中便秘気味の人はもっと辛いと思います。

便秘中に「肌が荒れている」と気づいたことがある人も多くいると思います。

正直、エステテシャン時代のお客様には便秘が原因でお肌が荒れている方もいらっっしゃいました。

便秘による腸内環境の悪化によって、女性だけでなく男性や子供にも肌荒れや

ニキビが起こってしまいます。特にできやすい場所は、頬と顎です。

もし頬や顎にニキビが出た時は「腸内環境が悪い」「胃腸が弱っている」というサインです。

肌には本来、肌の汚れを新陳代謝で排出するという役割があります。

体中へ行きわたった有害物質を、汗や皮脂などから体外へ排出させます。

だから、有害物質を体内に溜め込まずに済みます。

しかし、有害物質の排出がうまくいかないと、肌の新陳代謝が追いつかなくなってしまいます。

そのため、汚れを取り除くことができず肌の状態が悪くなり肌荒れの原因となってしまいます。

原因の一つとして便秘になることで新陳代謝が追いつかなくなることがあります。

便は本来、体の外に排出されるものですが便秘では腸内に留まるばかりです。

すると、便は腐敗や発酵しアンモニアなどの有害物質やガスが発生します。

そして全身に有害物質やガスが行き渡ってしまいます。

体は本当は有害物質やガスを排出したいのですが便秘のために便と一緒に出すことはできません。

便秘になると悪玉菌が増加して嫌なニオイのおならや免疫力の低下などの悪影響があります。


 


そうなんです、お肌に悪いことばかりです。

外側からどんなにスキンケアを試みても、便秘を抱えているようでは効果が薄くなってしまいます。

便秘を解消し腸内環境を改善して、体の内側から美肌を目指すことが大事です。

 

腸内には善玉菌悪玉菌があります。

腸内のバランスは、善玉菌が優勢であることが良いとされます。

悪玉菌が作り出すフェノール類という化合物は体内に吸収されると肌に蓄積して

くすみやカサカサ肌の原因になります。

・善玉菌とは

人間の腸に存在する細菌のうち、消化・吸収を促進し、免疫力を高めるといった働きをするもので

ビフィズス菌などの乳酸菌類などがあります。

また、皮膚細胞を活性化させるビオチンは善玉菌によって生成されますが、少なくなれば

肌の新陳代謝の機能も弱くなります。

・悪玉菌とは

人間の腸に存在する細菌のうち、消化物に作用して有害物質を生み出し排泄のリズムを乱すなどの

有害な働きをするもの。大腸菌、ブドウ球菌などがあります。

・フェノール類とは

芳香族化合物(ベンゼン環を持つ化合物)のベンゼン環の水素がOH基で置換された

化合物の総称です。

・ビオチンとは

ビオチンの別名ビタミンHは、ドイツ語の「皮膚(Haut)」が由来です。

ビオチンは水溶性でありコラーゲンなどを作るために必要な栄養素で、健康な皮膚や髪の毛を

生成する働きがあります。


 


      便秘による肌荒れを防ぐ5つのポイント

  1. 食事は善玉菌を増やすようなものを食べ、高タンパク高カロリー食や油分の多い食事は避けましょう。
  2. 善玉菌を増やすためには、乳酸菌やビフィズス菌など善玉菌自体が含まれる食べ物を食べましょう。 ヨーグルトなどの発酵食品を積極的に食べましょう。
  3. 善玉菌のエサとなる食物繊維やオリゴ糖を摂取しましょう。
  4. 頬や顎ニキビを治すためには、大豆製品やレバーなどのビタミンB2、B6を多く含む食品を意識的に食べましょう。
  5.  適度な運動を習慣化することにしましょう。 運動不足になると、腹筋の筋力が低下し、便を外へ出す力が弱まってしまい便秘を悪化させる原因となります。 ウォーキングなどは特におすすめです。

 


ここまで読めば、便秘と肌荒れの関係がよ~くわかったと思います。

たかが便秘とは簡単に思わなくなったのではないでしょうか?

有害物質や悪玉菌が多い腸内環境では栄養素を吸収しにくい状態となっています。

お肌にいい食品やサプリメントを積極的に採っても十分には吸収されません。

結果としてお肌にとって栄養不足につながり肌荒れになってしまいます。

 

※便秘の解消には、これをプラスすることが私からお勧めです! → https://kenkotobiyou.com/its-recommended-to-constipated-cancellation/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です