体脂肪がなかなか落ちないときは

スポンサーリンク




体脂肪の燃焼はこうしてみましょう。

日々のダイエットよりも先に体質改善を行ってください。

体の体温を上げ、汗をかき、老廃物を流して排出することで

基礎代謝の改善が期待できます。

食事を制限するなどした無理なダイエットは非常に危険ですし

リバウンドが起こりやすくなります。

 

・体脂肪とは

体の中で脂肪部分が占める割合のことです。

理想的な体脂肪率は成人女性なら21%~34%位とされています。

体脂肪率が15%以下や35%を超えてしまうと

ホルモンバランスが崩れる事がありえます。

肌荒れなどマイナス効果につながる事があるため注意しましょう!

 

・脂肪を燃焼させるためには体の筋肉量を増やしましょう。

食べるだけでは脂肪は付きますが筋肉量が増えることは期待できません。

適度な運動により体へ負荷を掛けることにより

筋肉をつけて体脂肪を燃焼しやすい体に変えていきます。

余分な脂肪が減り、新陳代謝も良くなるので体脂肪率が下がることが期待できます。

そのために太りにくい体質に改善することも期待できます。

また、筋肉量が増えると免疫力がアップします。

食事制限のダイエットとは違いリバウンドが少なく

体を維持することが期待できます。

 

・筋肉量を増やすための方法は

筋肉量を増やし効率よく体脂肪を減らすためには運動をおこないましょう。

空腹を感じたら「まめに動く」これだけで体脂肪の分解を期待できます。

分解されてもじっとしていたら中性脂肪として、また再合成してしまいます。

筋トレと有酸素運動の両方を組み合わせて行うと体脂肪が落ちやすい

体づくりを行うことが出来きます。

 

・食事の量を減らし脂肪を落とそうとすると?

エネルギー不足となった体は必要なエネルギーを筋肉から補おうとします。

その結果、体脂肪は減らずに筋肉が減ることになってしまいます。

なくなる筋肉のほうが多くなると、全体の筋肉量が減り代謝も低下します。

その結果、ダイエットしても逆に痩せにくくなります。

しかし、筋肉は通常そう簡単には分解されません。

よほど極端な食事制限をしない限り、筋肉が減ることはありません

だから、筋肉が減るほどの食事制限はやり過ぎということになりますから

過度の食事制限はだめです。

 

・リバンドしないためには

体は食事を減らしすぎると飢餓状態だと感じてしまいます。

エネルギーを吸収できるうちに体に溜め込もうとして

いままで以上に栄養を吸収しようとします。

その結果リバウンドが起き、もとに戻ってしまいます。

そうです!今までの努力が水の泡です。

 

やはり、脂肪燃焼には適度な運動と食事制限に落ち着いてしまいいす。

空腹で運動をすると皮下脂肪より内臓脂肪の方が減りやすいそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です