基礎化粧品は何を指すのかご存知ですか?

スポンサーリンク




基礎化粧品の基礎

基礎化粧品はスキンケアを目的とし皮膚を健やかに

そして清潔に保ち肌質自体を整える役割を目標とした化粧品のことを言います。

ようするに、綺麗に見せるのではなく、肌を美しくするために使用する化粧品です。

スキンケアとは

健康で美しい肌を保つために、肌の手入れをすること。

皮膚を清潔にして肌が乾燥するのを防いだりするのを目的として

洗顔した肌に化粧水や乳液などをつけるのが一般的です。

・スキンとは

肌や皮膚のことを指します。

・ケアとは

手入れ、メンテナンスなどをすることです

 

基礎化粧品は、いくつかの種類に分かれます。

1、クレンジング

ファンデーションなどのメイク化粧品を落すような役割を持っています。

メイクアップ化粧品には、油分が多く含まれているものもあり、それらを

キレイに落としてくれます。

洗顔料では落ちにくい油分を落とし元の肌へ戻すよう促す化粧品です。

 

2、洗顔料

肌に付いたほこりや汗、皮脂などの汚れを落とす役割を持っています。

石鹸・クリーム・パウダーなども洗顔料となっています。

 

3、化粧水

洗顔等で失われた水分をお肌に補給する働きをして肌に潤いを与えます。

これは、多くの方が使用されていると思われます。

主にお肌に水分を補給する役割を持っています。

基礎化粧品の中では、化粧水が一番使われているのでよくCMで聞く言葉ですね。

 

4、美容液

化粧水でお肌に水分補給した後に、さらに有効成分と保湿強化をする役割を持っています。

本来は化粧水だけの使用でも問題ないのですが、化粧水だけでは改善しない

肌トラブルなどにも効果が期待できます。

・有効成分とは

効力をもつ成分であり、1種類とは限らず、複数が混合されていることもあります。

 

5、保湿クリーム・乳液

化粧水や美容液で得た潤いや保湿したお肌に有効成分を閉じ込める役割を持った

クリームです。

役目として、肌からの蒸発を防ぐ事で各基礎化粧品の効力が期待できます。

・クリーム

乳液より硬くしっとりします。

・乳液

さらっとしていて使い心地もさっぱりします

 

自分のお肌に合うものを選びましょう

よく、エステでは自社だけが取り扱っている化粧品も数多くございます。

使用してみると市販の物より自分にあっており自分で購入してよく使っていました。

今は市販の化粧品ですが「化粧水」と「美容液」だけは自分に合う物を

十分試してから使用する様にしています。

ちなみに、ここ数年は色々なものを試しながら最後は同じ製品を使用しております。

 

基礎化粧品でも使い方しだいではお肌のトラブルになる事もあります。

ご自身で、過去に使用してもし問題があった化粧品がある様でしたら

その有効成分は十分に確認しておきましょう。

ご自身に合わない成分かもしれません。

 

そのほかにも色々な役割をもっている化粧品がありますが

それら全てが基礎化粧品と言えるか疑問がでてきます。

その他の化粧品の種類と役割は後日ご紹介いたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です