美肌にはビタミンC誘導体配合の化粧品を

スポンサーリンク




強い美白効果を持ち、ニキビの色素沈着の防止・メラニン色素抑制など

様々な効果が期待され美肌ビタミンとも呼ばれています。

肌を柔らかくしたり、キメ細かい肌にするなど肌そのものを良くします。

また、抗酸化作用もあります。

セラミドとの相性が良く、肌のコラーゲンを作るサポートにもなります。

●セラミドとは⇒https://kenkotobiyou.com/do-you-know-seramido/

ビタミンCは活性酸素の除去など肌負担をかける心配が少ない優しい成分です。

ただし空気に触れると分解、劣化しやすいのが欠点でもあります。

だから、ビタミンC自体が肌への吸収がされにくいという性質を持っています。

この美肌効果を得るためには、いかに皮膚内に届けてあげるかが問題となります。

 

ビタミンCの弱点を改良した物がビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体は、肌に吸収されてから酵素反応によって

ビタミンCに変化し長い間活性を持続する性質があります。

ビタミンC誘導体の種類

 

・水溶性ビタミンC誘導体

特徴としては即効性であり短期間で皮膚に吸収されます。

元々壊れやすく吸収率も低いビタミンCを皮膚への吸収率を高め

効果を持続させる状態に改良したものです。

水溶性ビタミンC誘導体は、化粧水や美容液などローションタイプの

化粧品に配合されています。


 


・脂溶性ビタミンC誘導体

水溶性であるビタミンCに油分を結合させて脂溶性にすることで

乳化状態においても配合可能としたビタミンC誘導体です。

油に溶けやすい性質をもつのでクリームやジェルなどに配合がしやすいです。

肌への刺激が少なく浸透するためにメラニンの生成を抑制し排出を助け

新陳代謝を促進する効果が期待されます。

特に敏感肌・乾燥肌の方に有効なビタミンC誘導体です。

水溶性に比べて即効性はありませんが、水溶性ビタミンC誘導体よりも

角質層への吸収率が高いという性質があります。

また効果の持続も水溶性ビタミンC誘導体に比べて高いようです。

化粧品配合推奨濃度は、5%です。


 


・進化型のビタミンC誘導体

安定したビタミンC誘導体として機能性の高いビタミンCを目指して開発したのが

進化型ビタミンC誘導体/アプレシエ・APPSです。

ビタミンCをお肌の深部まで持続的に、大量に安定供給させます。

塗布のみで真皮まで到達できます。

真皮まで入るという事は、「しみ」や「しわ」に対しても可能になります。

水溶性ビタミンC誘導体の「即効性」と脂溶性ビタミンC誘導体の

「真皮への浸透力」をあわせ持ちます。

 

化粧水、美容液、乳液、保湿クリームなどの色々な化粧品に配合することができます。

長期間使用することによるしわやハリの改善などのアンチエイジング効果も期待されます。

脂質にも水分にも良くなじみ浸透力は水溶性ビタミンC誘導体の100倍とも言われているほどです。

APPSの化粧品配合推奨濃度は、0.1%~2%です。

APPS(アプレシエ)配合化粧水は、幅広く使えるビタミンC誘導体化粧水ですが

肌質や肌状態によっては合わない場合もあることを理解しておきましょう。


 


 

お肌が少しいつもと違うと感じたら使用をいったん控えましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です