夏ダメージを受けたお肌を冬に向け回復させましょう。

スポンサーリンク




海やプールで思う存分水遊びができましたか?今年は週末にかけ台風が例年より多く発生し日本各地に被害をもたらした年でした。このような状況の中で夏に日焼けしたお肌のことを申し上げるのは心苦しいのですが、今効果的なケアをしないと冬にはお肌が大変な事になってしまいます。

Sunburn

夏に受けた肌ダメージも涼しくなるにつれて、ついつい忘れてしまいがちの方も多いかもしれませんが、実は冬に向けての乾燥が始まるのは秋からなのです。この季節のタイミングでしっかりとお肌をケアしてあげないと冬にはお手上げになってしまいます。

夏にたっぷり浴びてしまったお肌への紫外線は、シミやしわを増加させるだけでなく角質を厚くしてしまいます。肌は紫外線などの外からの刺激に対して肌表面を厚くして守ろうとするのです。秋のお肌は夏の紫外線等で刺激を受け、シミ以外にも肌トラブルがおこってきます。

毛穴に関しては、角質が厚くなると大きくなり溝も深くなり目立ちやすくなり、汚れや皮脂も溜まりやすくなってしまいます。これが、肌の悩みの種「毛穴の黒ずみ」の原因のひとつです。

また、本来ならターンオーバーで剥がれ落ちる古い角質がうまく剥がれ落ちず溜まっている状態のため、皮膚の残骸だけが残り乾燥を感じやすくなり、キメが整わないため肌もくすんでみえます。

麹から発見された成分であるコウジ酸をご存知でしょうか?

天然由来の成分として注目され美白効果が期待できることで知られています。 シミはメラニン色素の蓄積によって形成されるのですが、なんとコウジ酸にはメラニン色素をつくる細胞の中でメラニンの生成を抑えるという働きが期待できるそうです。

※しみが気になる!! ⇒ しみをブロックする「コウジ酸」のすごさ

角質が厚くなった場合のケアには、まず肌表面に溜まっている古い角質を洗顔できちんと取り除きましょう。でも、洗顔の方法を間違えてしまうと、さらに加速させてしまう恐れもありますので、必要以上にゴシゴシとお肌をこすって刺激を与えるのは絶対にやめましょう!洗浄力が強いクレンジング剤や洗顔料は、健やかな肌を守るために必要な皮脂と角質を必要以上に洗い流し肌が敏感になってしまうので「美容オイル」を取り入れたケアがおすすめとなります。また、お肌に必要な皮脂を取りすぎず、潤いを残して洗い上げる洗顔アイテムを選ぶことも重要な事です。

 

秋は肌が乾燥しやすくなります

一年の中で冬が最もお肌に対して過酷になりますから、秋の肌ケアが非常に大事になります。

秋の肌ケアのポイントは、肌の「保湿機能」や「バリア機能」を正常な状態に戻し「うるおいケア」を意識的にしてください。

夏からの肌ストレスを今からしっかりとケアしてください。これから寒くなるとますますお肌にストレスがたまります。日頃のお肌ケアがこれからのお肌維持へつながります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です