洗剤などに使われている界面活性剤は肌荒れ原因の一つです。

スポンサーリンク




手が老けて見えないようにケアするには手を乾燥させないようにすることが重要となります。そのために手に潤いを与えたいのですが、食器洗い、料理はもちろんの事ですが洗濯したときの手は水やお湯にさらされ皮膚から潤いを奪ってしまいます。加えて洗濯用洗剤などには肌への刺激が強い石油系の合成界面活性剤が使われているものも多く、肌の弱い人はかゆみが出たりアトピーがひどくなることがあります。

私は普段洗濯をするときには手袋をしています、ワイシャツの襟汚れがひどい時などは洗濯板とウタマロ石鹸を使ってゴシゴシ手洗いをしてから洗濯機に放り込んでいます。もちろんこれは洗剤による手の荒れを防止するためです。

 

皆さんがお使いの洗濯機には全自動が多いと思いますから洗剤が入っている洗濯漕に直接手を入れる事は殆ど無いと思います。

でも脱水後の水分を含んだ洗濯物には界面活性剤が残っていますので洗濯物を取り出す際には手袋を使う習慣を心がけましょう!ちょっとした行動が手にストレスを与えない事につながります。

 

 

 

界面活性剤が肌荒れの原因の1つです。

皮膚の表面は皮脂膜で覆われていて、水分を保つ働きをしてくれていますが界面活性剤によって皮脂膜が破壊されてしまうと、お肌は水分を保つことが難しくなり、肌荒れの原因となります。また、界面活性剤は肌に浸透しやすいと言われ、体内に残留しやすく、外から内部に侵入する異物の侵入を防げなくなってしまい、肌を傷つける原因にもなります。

だから、界面活性剤入りの洗濯洗剤は肌には優しくないために、トラブルがおこることがありますから肌トラブルで悩んでいるなら一度洗濯用の洗剤を変えてみませんか?

 

界面活性剤?訳のわからない単語がでてきました。

簡単に説明してみますので、油汚れの洗濯物をイメージしてください。

界面活性剤の「界面」とは物と物の境目という意味があり、水と油が混ざり合わない液体の境目などのことを指します。洗濯物に付いた油汚れが水と混じり合わず落ちない状態です。(通常は水と油を混ぜようとしても混ざりませんね)

この、水と油が混ざり合わないその境目に界面活性剤がくっついて働き、普段は混ざり合うことのない物と物を混ざり合わせ(活性)てくれます。(洗濯物についた油汚れと水を混ぜてくれます。)

どの様なことかといいますと、洗濯洗剤をいれると衣類についた油汚れと水との境目が混じりあり油汚れがとれるという仕組みです。ま~あ、簡単に言ってしまうと、界面活性剤は水と油を混ぜる役割をするものです。  前置きが長くなり申し訳ありませんでした。この界面活性剤が使用されている洗剤を「合成洗剤」と呼びます。

 

 

合成洗剤は洗濯用洗剤をはじめ、歯磨き粉や台所用洗剤など色々な商品に使われておりますから、もはや日常で使用していないお宅はないと思います。界面活性剤を使用した洗剤は石鹸よりも洗浄力が高いことなどから、世の中に普及していきました。

また、界面活性剤は水と油をくっつけたい時に使われていているので、皮脂を落とすシャンプーだけではなくリンスにも使われています。粉状、固形、そして液体のものが存在しているので使い勝手が良く、日常生活で皆さんがお使いの化粧品やマヨネーズなどにも使用されています。

 

今は手荒れやアレルギーの人達用に界面活性剤を無添加とか無香料などの品質にこだわりのある肌にやさしい商品が沢山ありますので使い分けをしたりしてみてください。でも無添加の表記があっても、肌トラブルが起こることもありますから、お試し商品など使用してみて肌に合う洗剤か判断して下さい。商品によっては日本アトピー協会推薦品もありますよ。

とにかく、手の老いは中々隠せないので日常生活で意識して潤いを与え、手に張りを失わせないように、こまめにケアしてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です