万能野菜「トマト」の食べ過ぎは危険!

スポンサーリンク




夏、特に美味しいトマトですが食べ過ぎは実は危険かもしれません!

テレビの健康番組の中で万能野菜として紹介されているトマトは栄養価も高く、さまざまな効果が得られるとして多くの方に愛されている食材です。我が家でもトマトは大好きで年中食卓に上がっていますし、三食トマトがあっても平気で食べられるくらい好きです。

こんなにも大好きなトマトですが、実は若干の毒(トマチン)も含まれているそうです。ですから、大好きだからと言って食べすぎると体調を崩す危険性があります。

では、どのくらいの量のトマトを食べると体に害を及ぼすかというと、1日にして4t食べるとトマチンの過剰摂取により死にまで至る可能性があるそうです。 4t? 4,000kg? いったいトマト何個分?

そうです、普段私たちが食べる量では全然問題が無いレベル(トマチン)です。そう言っても体に悪い事には違いないので過剰に食べるのは控えたほうがよろしいでしょう!

 

では、トマトに含まれている「トマチン」とはどういったものなのでしょうか。

「トマチン」はトマトの茎や葉に含まれ殺菌剤の効果を持っているそうです。

トマチンが含まれる部分と含有量(例)

・花(1100 mg/kg)

・葉(975 mg/kg)

・茎(896 mg/kg)

・未熟果実(465 mg/kg)

・熟した青い果実(48 mg/kg)

・完熟果実(0.4 mg/kg)

真っ赤に熟したトマトは特に問題ありませんが、未熟でまだ青さが残るトマトを食べるときには注意が必要となります。これは、トマトの葉や茎や未熟な果実に毒性が含まれ、食べ過ぎると腹痛や下痢を引き起こす事があり得るとされています。

過剰にトマチンを摂取した時に現れる症状(例)

・頻脈・頭痛・嘔吐・胃炎・下痢・食欲減退

・重症化すると、低血圧・神経症から状昏睡状態に陥り、最悪の場合死に至ります。

 

トマトに含まれる栄養素

熟したトマトは無毒とされています。ビタミンやミネラルが豊富なトマトには、リコピンやβカロテンが含まれています。リコピンやβカロテンは抗酸化作用があり、老化抑制に効果があると言われています。特にトマトのリコピンは有害な活性酸素を中和する事が期待できるそうです。

具体的には、夏の強い日差しを浴びると、紫外線が皮膚の細胞にまで到達して活性酸素をつくり出し「日焼け」や「しみ」になったりしますが、リコピンは、この有害な活性酸素を中和する作用が期待できます。トマトを含む夏野菜には栄養分が豊富に含まれているので、夏バテ対策としても、積極的に摂取したいものです。

未成熟の青いトマトが大好きだ!なんて人はいないと思いますが、数値上は日にトマト3kg程を摂取すると「トマチン」により危険性が増えますので、雑学として頭の片隅にでも置いていても損はないと思います。

要するに、大好きなトマトを食べるのなら熟したトマトを選び、食べすぎないようにしましょうね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です