夏の疲労回復に!長芋のヌルヌル成分と効果も凄い!

スポンサーリンク




質問です!長芋(ながいも)の生産量が日本一多い都道府県はどこでしょうか?

答えは青森県だそうです。

昔から滋養強壮のためによく食べられてきた食材である事はご存知だと思います。

長芋(ながいも)生産のお膝下に住んでいるのですが、実は昔から摩り下ろした長芋(ながいも)、俗に言う「とろろ」が全く食べられませんでした!何度チャレンジしても、食べるときに喉を通るドロドロ感が何とも言えずに苦手でした。で~も、今では大好きな食材の一つです。

どの様にして苦手意識を克服したかと言いますと、まず、最初に「とろろ蕎麦」からチャレンジし「とろろかけ麦ご飯」、そして極めつけは山芋のサラダを食べることまで出来るようになりました。気がついてみると、「とろろ」はもちろんですが、長芋や山芋自体にも全く抵抗感が無くなっていました。ちなみに、山芋も長芋も、栄養価に大きな違いはありません。

長芋(ながいも)を食べられるようになってから知ったのですが、栄養価が高く、亜鉛・カリウム・鉄などのミネラル成分、ビタミンB群・ビタミンC、食物繊維などに加え、消化酵素や内蔵の機能を高めてくれるコリン、カリウムなどの幅広い成分を含んでいるそうです。これらは美容と健康にはうってつけの成分です。(もっと早くから食べる事ができていたら。。。と今さら思っています)

 

長芋や山芋に含まれる代表的な成分は?

・アミラーゼ

アミラーゼは消化不良や胃もたれに効果的な消化酵素です。ちなみに、胃腸薬にはほぼ配合されているそうです。荒れた胃や腸を整えてくれる効果が期待できます。

・コリン

コリンは、血管を拡張させて、血圧を下げてくれる効果が期待できます。また、コレステロールの蓄積を防いでくれるレシチンを助ける作用もあります。ですから、脂肪肝や動脈硬化の予防も期待できます。何でも、コリンは記憶力アップの効果も期待できアルツハイマー病の対抗薬としても注目を集めているそうです。

・カリウム

カリウムは、体内の余分な塩分を体外に排出することから、むくみや高血圧予防、筋肉の収縮をスムーズに促す効果が期待できると言われています。

 

美肌や乾燥肌にも

実は長芋は美肌作りにも役立つ野菜だと言えます。含まれている成分により、毛細血管拡張、血液循環促進作用などが、お肌のクマ、くすみ、乾燥などへの改善が期待でき、血液が体内にしっかりと行き届くことで肌の新陳代謝(ターンオーバー)を正常にし、肌トラブルの改善促進にも期待できます。また長芋はサポニン・ビタミンE・ビタミンCなども含んでいますから、肌老化の予防も期待できます。

長芋(ながいも)の注意点

・長芋は何気なく擦り下して食べていますが、加熱に弱いというのが難点です。熱を加えることによってせっかくの栄養が壊れてしまう可能性がありますので注意しましょう。

・長芋のヌルヌルは焼くことで無くすことが出来ます。

・切ったり、すり下ろしたりして置くと赤黒く変色してしまいますが、すぐに食べない場合は酢水・レモン汁などにつけて酸化を防ぐようにしておきしましょう。

・長芋に触れた時に痒みを起こす原因の一つとして挙げられるのが、長芋表皮に近い部分に多く含まれているシュウ酸カルシウムです。痒みを抑えたいのであれば厚めに皮を剥くと軽減できます。

・栄養価が高い山芋ですが、忘れてはいけないのがアレルギーです。山芋のアレルギー症状は多様で、かぶれ、肌の赤み、湿疹、じんましんなどがありますので十分注意してください。うっかり食べてしまい、アレルギー反応が出ることもありますので、異変を感じたらすぐに病院へ!そしてアレルギーチェックをしてください。

 

長芋の保存法は?

長芋丸ごと

おがくずか新聞紙に包んで風通しの良い冷暗所に置きます。保存期間(目安)は常温で1ヶ月です。

大きく切った長芋

切り口にラップをかけて冷蔵庫の野菜室に入れます。早めに使い切りましょう。

小さく切った長芋

薄切りや細切りにした長芋をジプロックなどの保存袋に入れてから冷凍庫に入れます。保存期間(目安)は約2週間ほどです。

すりおろした長芋

ラップなどで小分けにしてからジプロックなどの保存袋に入れて冷凍庫に入れます。食べる際は自然解凍にしましょう。冷凍の状態での保存期間(目安)は約2週間ほどです。

 

長芋は栄養の吸収促進や疲労回復、免疫力向上も期待できるので風邪の予防やインフルエンザ予防にも期待できると考えられています。近年ではネバネバ食材が健康に良いとTVの番組でやたらと放送しています。これは、長芋に含まれる成分が美容面に効果が期待できることが注目され女性にも親しみが出始めています。

私が大好きな納豆にトロロを混ぜた物や牛丼にオクラやトロロも定番となっています。

みなさん、青森県産長芋を食べて健康と美容をめざしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です