「はちみつレモン」の作りかたと、効果のおさらい。

スポンサーリンク




昔からの定番の「はちみつレモン」は学生時代に運動部に所属している人であれば誰もが知っていると思います。運動で疲れた体を回復させるために食べたり、しゃぶったりした事が皆さんもあるはずです。

今となっては、レモンを使った料理をする機会もなく、レモンはから揚げに添える位しかありません。

「はちみつレモン」や「空揚げに添える」のが料理か?と問われれば迷わず料理でないと言いきっちゃいます。

我が家で、唯一生レモンを使う場面はレモンジュースや夫の缶酎ハイ(Wレモン)に本物のレモンを輪切りにし、氷が沢山入ったコップに、これでもかという位レモン増しをして飲む時にしか使うことはありません。(レモン増し増しは美味しいです!)

 

先日、あまりにも暑くて氷を取り出そうとして冷蔵庫を開けて見ると、中からラップされたレモンを見つけました。

何となく昔を思い出してしまい、久しぶりに「はちみつレモン」を作って食べてみました。

いや~!薄切りの「レモン」が「はちみつ」に浸かっているだけなのですが、すごく懐かしい味でした!

昔を思い出しました!

酸味と甘みが体中を駆け巡りました!

疲れが取れた気がしました!

 

はちみつレモンの作り方がわからない人もいると思いますので、あらためて作り方と効果をお知らせします。

 

作り方は全然むずかしくありませんよ!

・レモンとタッパーを準備してください。

・レモンを十分洗い、薄く輪切りにします。

・輪切りにしたレモンをタッパ―に入れてはちみつに浸します。

・最後に冷蔵庫で冷やす!たったこれだけです。(やはり簡単すぎて料理とは言えないですね!)

 

昔から愛されている「はちみつレモン」には、ものすごい効果が期待できます。

・「はちみつ」に含まれるブドウ糖は筋肉や脳の疲労回復を期待できます。

・「レモン」に含まれているクエン酸は疲労回復が期待できます。

・「レモンの皮」に含まれる香り成分には集中力を高たり、消化器官の働きをよくする効果が期待できます。

・「レモン」のビタミンCや、「はちみつ」のブトウ糖には免疫力を上げる効果が期待できます。

 

「はちみつレモン」の美肌とダイエット効果

・「レモン」と言えばビタミンCです。皆さんご存知の通りビタミンCは美肌効果が期待できます。また、「レモン」にはカリウムも多くふくんでいるので、むくみや高血圧の予防も期待できます。

・「はちみつ」には、ビタミンB2が豊富に含まれていて肌の再生能力を高める事が期待できます。でも、カロリーが砂糖より高いので入れすぎには気を付けて下さい。

・「レモン」に含まれているペクチンは空腹を抑えることが期待できます。

 

よく各家庭で作っていた「はちみつレモン」にはしっかりとした効果が裏付けされているようです。

学生時代に周囲から疲れに効果があると言われて、思い込んで食べていた「はちみつレモン」

今では、レモンを缶酎ハイに入れるだけではもったいない事を思い出してしまいました。

「はちみつレモン」は夏バテ対策にも効果が期待できます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です