週明けの体重増で落ち込まないために「週末のプチ断食!」そのポイント

スポンサーリンク




長期の連休明けなどに体重計にのってビックリしたことはありませんか?

だらだらした休暇中に好きなものを飲み食いした結果、何キロも体重が増えてしまった。

よくあることですよね! 体重計が壊れたのではとさえ思います。

私自身、こんな時には仕事始めの前日までにプチ断食を不定期ですがやってみてます。

 

断食と言うと一切食べ物を口にしないで修行する修行僧の人たちが行うものだと考えがちです。

世界を見渡せば断食を取り入れた生活をしている人たちもいるみたいですが。

最近は本格的な断食ではなく、プチ断食を実施してダイエットや体の調子を取り戻したりする

ことを目的に取り入れるのが注目されてるようです。

間違ったプチ断食を行うとダイエット効果や体調を取り戻すどころか効果を得られずに

健康を害することもあります

ちなみに、断食ダイエットはファスティングとも呼ばれ語源は英語でありfastには断食

という意味があります。

 

プチ断食は食べるのは控えますが、液体はよしとされています。

断食中は水やお茶で我慢してください。どうしてもきつくて耐えられないと思った時には

紅茶や野菜ジュースなどを飲んで乗り切れるようにしましょう。

 

■プチ断食のメリット

1.腸が綺麗になる

胃腸がしっかりと休まることでこれまで消化に使われていたエネルギーが血液循環や

代謝に使われるようになるため腸に溜まった老廃物(宿便と呼ばれるもの)が排出され

腸が綺麗になります。

2.脂肪が分解される

摂取カロリーが少なくなると、体脂肪を分解してエネルギーを産み出そうとするために

ダイエット効果を得ることができます。

3.有害物質の排出

体脂肪が分解されると、脂肪に蓄積されている有害物質も一緒に分解され排出されます。

このことから、デトックス効果が高いと言われています。

4.美容効果

臓器の新陳代謝が活発になり、肌細胞の修復・再生の働きがよくなって、美肌につながります。

5.悪玉コレステロールを低下させる

不足したエネルギーを補うため、悪玉コレステロールも使用して値を下げる効果があります。

6.便通の改善効果

おなかに食べ物が入っていない胃や小腸は激しく収縮して、残った食べカスや細胞の死骸などを

大腸から肛門へと胃腸のおそうじをし便秘を改善したりします。

 

■プチ断食のデメリット

1.リバウンドしやすい

いきなり通常の食事の量や内容にすると、飢餓状態になった身体が栄養素を一気に吸収して

結果、リバウンドにつながります。

2.長期間続けると意識障害へつながる危険があります

無理をした断食を行うことによって脂肪が分解されると、血液中のケトン体という物質が増えます。

増えすぎると身体が酸性に傾き、意識障害がおこる危険があります。

3.低血糖症状が出ることがある

週末断食を行っている間は、血液中の血糖値が下がるため、低血糖症状が現れることがあります。

症状の特徴としては、気分が悪い、ふらつき、倦怠感などの症状が出た場合は断食を中断しましょう。

 

■プチ断食中に注意すること

断食中に激しい運動を行うと、低血糖のリスクが高くなるので危険です。

運動はウォーキング程度にしておきましょう。

週末のプチ断食は体重を減らすためだけの方法ではありません。

脂肪燃焼機能を高める、腸内環境を整える、内臓を休めるなど、身体の機能をととのえることも

目的のひとつです。

 

■プチ断食のやりかた

食べ過ぎてしまった翌日などから行うのが効果的かと思います。

また、長期連休明け前を利用してみてはいかがでしょうか。

できればリスクを避け、体に負担をかけないように準備期間・回復期間を含めた3日間で行うこと。

水分は必ず摂るようにしてください、老廃物が体外に排出されるので重要になります。

1.準備期間

可能でしたら実行日の2~3日前から準備に入り、前日は腹7分目程度で抑えておきましょう。

胃の負担を軽くすることで、スムーズに入れます。

2.プチ断食の当日

プチ断食の当日は水やお茶ですごします。

一日の断食は何とかなると思います。

好きなドラマを見たり本を読んだりしてすごして下さい。

私はドラマをここぞとばかりに見ることにしています。

3.プチ断食の翌日

プチ断食が終わった次の日の食事はおかゆのような消化の良い流動食を中心に摂り

徐々に体をもとの状態に慣らしていきましょう。

解放感から、つい食べ過ぎたり飲み過ぎたりしてしまいますから注意して下さい。

リバウンド防止のためにも、回復期は丁寧に1日かけて食事量を徐々に増やすようにしましょう。

いつも通りの食事をすると、体が対応できずに体調をわるくしてしまう恐れがあります。

 

もし、あなたが「プチ断食」を定期的に実施することができれば健康的な体造りが期待できます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です