椅子に座っていながら「足首回し」やってみた効果!

スポンサーリンク




長時間もの間、椅子に座り続けると足の筋肉が固まってしまうような状態になっているのが実感できるはずです。その結果、血行不良にもなりますし、肩こりや腰痛も引き起こしてしまいます。

 

普段、PCに向かいながら長時間椅子に座っているときに指や目に疲れがでてきたと思ったら、指の運動をするように心がけています。このように、ちょっとした疲れがでてきたときにする指の運動も十分効果があります。

※指のぐるぐる回し運動効果はこんなにもあります!

この指運動とは別にマウスを握りながら、キーボードを叩きながらでもできる足首のストレッチがあります。このストレッチをすることにより気分転換にもなりますしリラックス効果も期待できますよ!

やり方としては、足の指を床に付けたまま踵を浮かべ、足首をぐるぐる動かします。これは気持ちがいいですよ。

アキレス腱が痛くない範囲で足の指を床に付けたまま踵をこれでもか!というくらいに上にあげたり、下したりするストレッチも効果的です。こうすることによりアキレス腱の張りをとることが期待できます。

アキレス腱をストレッチしすぎると逆効果になるそうですが、適度に動かすことで血行がよくなり疲労回復が期待できます。気分転換にもなりますしリラックス効果にもつながります。また、足首を回して動きやすくしてあげることで、骨盤のゆがみを整えたり、美脚効果も期待できます。

さらにいえば、足首をしっかりと回して動かすことにより血流やリンパの流れもよくなり冷え性の改善にも効果が期待できます。

 

効果的な足首の回し方がありますので、そばに誰もいないのなら少しやってみて下さい。

椅子に座りながらあぐらのように片足を曲げて、手の指を、足の指の間にそれぞれ入れます。(誰も見ていませんように!) しっかり指を絡ませたら、手で足首をそれぞれ外側と内側にぐるぐる回します。そうする事でより血行も促進され効果抜群です!

マナー的によくありませんが、貧乏ゆすりも効果的です。

 

年をとると足腰の力や歩く力が衰えてきて、とっさの動作も追いつかなくなり転倒の原因になってしまいます。ですから、体の柔軟性の維持はとても重要で、足のストレッチは大変おすすめなのです。

ストレッチをする事で筋肉の緊張緩和や柔軟性の向上、血行の改善や筋力低下の予防も期待できます。

 

しかし不思議ですよね?皆さんも準備運動をするときには無意識で足首回しをしてしまうと思います。

幼いころに教えられた準備運動が知らず知らずの内に身についてしまっているのでしょうか?

今でもウォーキング前後のストレッチには無意識のうちに足首を回してしまいます。

どうも、足首のストレッチの大切さが身に付いてしまったようです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です