春は人の気分を変え成長させる

スポンサーリンク




新年度がいよいよ始まります。

新入学の学生さんや新生活を迎える社会人の方々はこれから始まる生活に

不安と期待をお持ちの人も多いのではないでしょうか。

入学式に淡い綺麗な色の洋服を着て参加するお母さんもいると思います。

また、新社会人の皆さんは黒っぽいスーツを着て入社式を迎えて

気を引き締める人も多いと思います。

 

人は、着る洋服の色や化粧で気分が大きく変わります。

特に春は何かと変化が多く、期待をいだく気持が実感できます。

せっかくなので春をキーワードに色が人に与える影響を教えます。

たとえば、女性ならピンクが好きという方が多いと思います。

私も大好きな色です。

 

ピンク色を見ると、ウキウキやワクワクしそうな幸せな色というイメージがありますよね!

そうです、イメージはものすごく大切なのです!

そこで、ピンクにはどのような効果や影響があるのかご紹介します。

どんな色でも、心理的に良い面と悪い面の影響を与えるのですが

ピンクに関して言えばマイナスの面が少ないというのが特徴のようです。

 

赤色の場合

積極的にさせるという面があるのに対し

攻撃的になってしまうという悪い面がある様です。

 

青の場合

冷静沈着になれるという面に対し

冷やかな感じになってしまうという悪い面がある様です。

 

白の場合

清潔感の様なクリーンなイメージがあるのに対し

無意味さを感じるという悪い面がある様です。

また、人によっては冬の白はネガティブな印象さえ与えます。

 

ピンクの場合

悪い面やネガティブな効果は少なく

平和や幸せを象徴する色とされているみたいです。

また、ピンクは癒しの色、恋愛の色とされていています。

 

恋人同士には最も適した色ではないでしょうか。

 

白色の寒い冬が過ぎ、気持ちに変化を!

少しだけ時間をつくり、恋人や友人、家族と共に近所や遠方に足を運び

ピンク色をした桜が咲き誇る姿をみて「ウキウキ・ワクワク」しながら

幸せな気分に浸るのも良いのではないでしょうか!

街で、ピンク色の小物や洋服を身につけた綺麗な人達を見ていると

春の訪れとともに、ふわっとした~幸せを感じます。

もちろん化粧は淡い桜色がGoodかな?

ちなみに、ピンク色には交感神経を刺激して脳に血液を送るという効果もあります。

疲労の緩和や痛みの軽減、老化予防にも役に立つみたいです。

 

新生活に不安を感じているあなた!

疲れが溜まっているあなた!

春に出かける花見などには癒しの効果があります!

面倒がらずに桜散る前にお好きな色をまとって誰かを誘いお出かけしませんか!

もちろん、一人でもかまいません。

きっと、あなたの不安な気持ちが薄れて、明日への活力につながります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です