夏バテした体をV字回復するためには?

スポンサーリンク




温暖化によりいつも以上に暑い日が続き、心身共に疲労のピークが蓄積されている人も多いのではないでしょうか?今年は気温が40℃を超えた地域も多数あり、今後の温暖化が非常に気になる昨今ですが皆さんがお住まいの場所はどうでしょうか。

こんなにも暑さが続くと、自分では大丈夫と思っていても、知らず知らずの内に夏バテへと体調が向っていきます。そうです!心身共に悪くなってきているのを実感しているはずです!

 

そもそも夏バテとはどの様な症状を言うのかご存知でしょうか?

一般的には暑さで体が疲れやすくなったり、食欲がなくなったり、免疫力が低下したりすることを言います。色々な症状がでてきますが、ほぼ自律神経の疲労が原因だそうです。

夏バテの代表的な症状

・全身がだるい(室内と室外の温度差による自律神経の乱れ)
・疲れがとれない(室内と室外の温度差による自律神経の乱れ)

※一般的に室内外の温度差が5℃以上になることで自律神経が乱れてしまいます。

・胃腸の調子が悪くなり、食欲がなくなる

(暑いからと言って冷たいものの摂りすぎると、胃腸の調子が悪くなりますし、暑くて食欲が落ちてしまうと栄養も偏りやすくなります。)

・疲れているのに夜眠れない

寝苦しさから睡眠時間が不足しがちになります。さらに、冷房のつけっぱなしでおこる「寝冷え」から睡眠の質を低下させてしまいます。

・ストレス

暑さによるイライラなどが夏の体調不良に影響します。

強い日差しによる日焼けがお肌のストレスになると言われています。陽の光を浴びるだけでもグッタリ疲れるのはこのためです。

 

夏バテの症状を急速に回復させる方法

・冷たい飲み物を摂りすぎると、消化機能が低下しますから、できれば意識して常温の飲み物をこまめに摂ることをしてみてください。

・夏バテを緩和できる栄養素を意識して摂りましょう。

・・たんぱく質

抵抗力を高め、自律神経をととのえる。肉、魚、豆腐、納豆、卵など

・・ビタミンB群

疲労回復を促す。豚肉、うなぎ、豆腐、納豆、卵など

・・ビタミンC

抵抗力を高め、疲労回復を促す。野菜、果物

・・ミネラル

汗で排出されてしまったミネラルを補います。塩、梅干し、味噌、大根、キュウリ、枝豆、海藻など

・・クエン酸

体のエネルギーをつくり出す手助けをする働きがあります。これを多く取ることで疲労が軽減します。酢、梅干、ゆず、グレープフルーツ、レモン。

 

疲労回復におすすめの食材の代表的なものが「鶏の胸肉」です。抗酸化作用がある「イミダペプチド」という成分が大量に含まれています。イミダペプチドは疲労の原因となる細胞の酸化を防ぐ働きがあり、結果的に疲労を軽減することにつながります。(鶏の胸肉で摂取する場合は1日100gを目安にしてください。他にも、マグロやカツオなどの大型魚にもイミダペプチドが含まれているのでおすすめです。)

※夏の疲労回復に!長芋のヌルヌル成分は効果も凄かった!

 

・自律神経を整える

暑いからと言って、冷房の効いた部屋にばかり居ずに適度な運動やストレッチで身体を動かしましょう。汗をかくことは、自律神経を整えるためにも大切です。そうする事で血流もよくなり、老廃物の排出を促します。また、入浴はシャワーで済まさず、ぬるめの38度~40度のお湯にゆっくり浸かると、リラックスすることができ、自律神経を整えることにもつながります。

疲れを回復させる最強の手段は良質な睡眠です。

夏バテした体の疲れを軽減するには、食事の工夫や適度な運動で多少はできますが、最終的に回復させることができるのは睡眠しかありません。

もちろん、長く眠ればいいというわけではなく、睡眠の質が重要となります。欲を言えば、1日の疲れをその日のうちに回復する事ができれば、夏バテの疲れを蓄積せずにできます。

よりよい睡眠を得るためのポイントをご紹介します。

睡眠時には冷房をうまく使いましょう。ご自身でストレスの感じない程度の室温「暑すぎず」「寒すぎず」が心身への負担を減らします。冷房以外に、扇風機を活用している方もいると思います。扇風機の風は体表から熱をとってくれますが、風が肌の同じ場所にあたり続けないよう壁に当てたり、タイマーを活用したりすることがポイントとなります。使い方を間違えると冷房と同じく、身体を冷やすことにつながってしまいます。

また、昨今では涼感シーツ等も販売されていますので活用してみてはいかかがでしょうか。

そして、夜はなるだけ部屋を暗くして、朝に目を覚ました後に太陽の光をしっかり浴びること。朝に太陽の光を浴びると、「セロトニン」が分泌されます。「セロトニン」は起床後14〜16時間程度経過した後、眠気を誘う「メラトニン」に変化します。メラトニンは、「睡眠ホルモン」とも呼ばれ、眠りに適した環境を整えてくれます。

できる事でしたら、朝ごはんを食べて胃の動きを活発にしてください。そうすることで、自律神経が目覚め、体の働きがよくなります。

ぐっすり眠った後は、食欲もでてきやすいので朝にきっちり食べることが大切です。とにかく自律神経がもとに戻る事で夏バテが解消されますので。よく眠り、よく食べてください。そして適度な運動が予防や回復につながります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です