運動後の食事は血糖値をおさえましょう

スポンサーリンク




「毎日運動をしているから腹いっぱい食べる」とはいかないですよね。

せっかく運動をいっぱいしても高カロリーの食事を続けていれば

摂取カロリーのほうが上回るため脂肪燃焼効果は期待できません。

特に過剰に糖質を摂取し血糖値を急激に上昇させる食事では

ブドウ糖が消費されずに余ってしまい、脂肪として蓄積されていきます。

 

・・血糖値とは

血糖値とは血液中のブドウ糖の濃度のことを言います。

 

・・・ブドウ糖とは

糖、であり、これ以上分解されない単糖類の一つです。

ちなみに、果物のブドウにたくさん含まれているからブドウ糖だそうです。

 

脂肪を蓄積させない為にはブドウ糖の摂取量を減らしましょう。

ブドウ糖が不足するとどうなる?

ブドウ糖は私達の体内にとって大切な栄養素で

全身のエネルギー源となります。

そのため、ブドウ糖が不足すると、体が疲れやすくなります。

また人間の脳にとってもブドウ糖が栄養源です。

 

ブドウ糖が不足してくると、集中力がなくなったり

思考力が低下するなどの症状が出てきます。

このことからブドウ糖は欠かせないことがわかります。

 

1日にどの位のブドウ糖を消費しているのか

何もしなくてもおよそ260g、脳だけでも1日で120gのブドウ糖を消費しています。

寝ている時でも、脳は1時間当たり5g、のブドウ糖を消費しています。

だから、運動や勉強などを行った場合は補給が大切になってきます。

 

1日にどの位のブドウ糖を摂ればいいのか

総エネルギー摂取量の50~65%が糖質摂取の基準となります。

男女で1日に摂るべきエネルギー量が違うために糖質の摂取量も異なってきます。

ちなみに、糖質は1グラム約4キロカロリーです。

 

(一例として)

ある女性の場合、1日に必要とする総エネルギー量は1,750キロカロリーです。

この事より、1日に必要となる糖質量は1,060キロカロリーとなります。

(総エネルギー摂取量の50~65%が糖質摂取の基準)

糖質は1グラム約4キロカロリーですから

重さにして約251グラムの糖質摂取が必要となります。

 

ある男性の場合、1日に必要とする総エネルギー量は2,300キロカロリーです。

1日に必要とする総糖質量は、1,322キロカロリーとなります。

糖質としてのグラム数は、約330グラムです。

 

この摂取量はあくまでも目安です。

ご自身の身長や体重、それから日常の生活状況の負荷状況により

変わりますから注意してください。

過度にブドウ糖が不足するのは危険です。

 

ブドウ糖を減らせとか、不足すれば危険とか、矛盾していますね!

 

結果として、一定の血糖値を保つことが大切といわれています。

ご自身の体形や日常生活の状況から必要な総エネルギーを試算して

糖質の摂取量を考えて下さい。

 

※食事内容や生活スタイルに合わせて調節してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です