塩分はどれくらいで、取りすぎか

スポンサーリンク




日本人は高血圧など病気のリスクを高める塩分を

諸外国の方々に比べ多く摂りすぎているそうです。

 

塩分の摂りすぎはガンや脳梗塞・腎臓病のリスクを高めます。

また、摂り過ぎると高血圧の大きな原因の一つになります。

 

・なぜ塩分をたくさん摂ると血圧が高くなってしまうのでしょうか?

私たちの血液にはナトリウム分が一定の量が含まれています。

塩分の多い食事をすると、体は血液の塩分濃度が上昇するため

この塩分を下げようと血液の量を増します。

すると、血管に圧力がかかり心臓の負担が大きくなります。

これが高血圧となってしまいます。

 

・高血圧は動脈硬化を引き起こします。

高血圧により血管に圧力がかかると、それに耐えられるように

血管の壁が厚くなっていきます。

すると血液が通る道血管が狭くなります。

これを動脈硬化と言います。

動脈硬化は、脳卒中や心筋梗塞、腎障害などの原因の一つにもなります。

高血圧の事を考えると塩分コントロールはとても大切です。

 

・塩分の摂取

・現在の日本人の20歳以上の塩分摂取量

約10g/日の塩を摂っているそうです。

男性が約11g/日、女性が約9.2g/日

 

・1日ありの塩分摂取量の目標値(厚生労働省)

男性・・・・8g    女性・・・・7g

・WHO世界保険機関の塩分摂取量の目標値

5g未満

 

この目標値からしても他国より摂取量が多いと思います。

日本人は昔から長い間、漬物、干し物、味噌汁等の

塩分が高い物を食べています。

塩分は高いけど、体には良い成分も非常に多く含まれています。

のちのちご紹介します。

 

・汗とともに体内の塩分はこうなります

スポーツ中や、汗を大量にかく仕事をしているときは、

汗とともに塩分も一緒にでます。

体内に水分を補給するときに塩分を一緒に補給するのが

十分でないと体内の塩分濃度が低くなります。

すると、体は低い塩分濃度に合わせるために余分な水分を

たくさん排出しようとします。

そのため、体内の水分は更に不足し

脱水症状や熱中症などが起こる可能性があります。

水の摂取だけでは体内の塩分濃度が薄まるだけです。

水分と一緒に塩分を摂るようにしましょう。

そうする事で血液中の塩分濃度は正常に薄まるのを期待できます。

 

あなたも今日から塩分摂取量を考えてみませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です