目が疲れた!そんな時に「目もとエステ」を使ってみました。その感想は?

スポンサーリンク




昔と比べ日常生活の中でパソコンやスマートフォンなどを使う機会が非常に増えてきました。今ではこれらが無ければ生活に支障がでて困るのではないでしょうか?

いい時代ですね!外出先でも仕事ができますし、調べものも瞬時にわかります。本当に便利になりましたが、半面、目にかかる負担は大きくなっていると感じませんか。

 

パソコンが主流の時代でも長い間モニター画面を見続けていていると目に良くないと言われ続けていましたが、今はスマートフォンやタブレットなども普及して、これらのモニター画面が小さい分、今まで以上に目の疲れや体調不良を感じたりしていませんか。

 

目を酷使しすぎて目が疲れ、目もとに潤いが少なくなってきたりしていませんか。

このようなことを悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

私はパソコン作業に熱中しすぎるとモニターから目を離せなくなり最終的に吐き気が起きていました。集中しすぎているのは重々承知していますが目もとを休めるきっかけが中々つかめないでいました。

私がどのように時間をつくり眼精疲労を改善しているのかお教えします。

じつは、パナソニックから販売されている「目もとエステ」を数年前に購入し使用しています。

キレイなお姉さんシリーズで見かけたのが購入のきっかけだったと思います。

新しい物好きの私が購入した初代の「目もとエステ」が世間で中々好評だったみたいで、今ではモデルチェンジされています。

この「目もとエステ」とはどの様な製品かといいますと、見た目ゴーグルのような機器にヒーターが内蔵されていて、水をしみ込ませたプレートをヒーターが温めてスチームを発生させます。この温かいヒーターとスチームにより目元が保湿されてハリや疲れを和らげる仕組みになっている「目もと専用のエステ機器」なのです。また、アイマスクと同様に目をしっかりと覆い光をシャットアウトすることができて、目をしっかりと休ませられます。

※一言で言えば、ゴーグルの様な機器がスチームとヒターで目もとを温める!

一回の使用時間は10分程度で、時間がくれば勝手に電源が切れるようになっています。

機器を使うために拘束される10分程度の強制時間は、PC作業に無我夢中になっている自分の気持ちを落ち着かせるには十分の時間です。改めて考えて見るとこの少しの時間が目のケアに非常に重要だと思っています。

一旦電源を入れると、目の周りを適度に温め保湿してくれるので、ハリがなくなってきた私の目もとや疲れ目には非常に心地良く、今まで使いながら何度も寝落ちしています。たった10分程度の時間で寝落ちしてしまうのです!どれだけ気持がいいのかわかっていただけると思います。

 

使用してみて少々気になる部分です。

充電式のためにバッテリーが内臓され少し重く感じます。

個人的にはもう少し、目もとが暖かくなればいいと思っています。

顔からずり落ちないようにバンドが付いてはいるのですが、寝ながら真上を見て使用する分には問題が無いのですが、椅子に座ったり斜め上向きの姿勢で使用するときには、機器の重さでずり落ちそうになります。これを防止するには、バンドを強めにしっかり絞める必要があります。

使用するごとに必ず行うプレートへの給水作業が少々面倒くさいと感じています。スチームを発生させるためには必要なのは十分わかってはいるのですが面倒です。

充電式でどこにでも持ち運びができ便利なのですが、数回使用すると充電をしなければいけなくなるので不便を感じます。コンセントにも繋いで使用できればさらに便利になるかと思います。

購入費用は

目もとケアにかけるエステに通うことを考えれば、すぐに元は取れるのではないでしょうか?初期投資は多少かかるものの、長く使えるので良い製品だと思います。

 

世間では目が疲れたときに水に濡らして軽く絞ったタオルを電子レンジで温めて蒸しタオルにしてみたり、ホットアイマスク製品を使用してみたりなどと色々な目もとケア方法であふれています。実際やってみると、それぞれ一長一短があると思いますが、このような手間隙を考慮してみると「目もとエステ」は思った以上に気軽に使うことができるはずです。

目の疲れや、目もとの張りなどに悩んでいる人はぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です