顔がむくむ前にリンパ液をうまく流しましょう。

スポンサーリンク




 

美容と健康にリンパがどの様にかかわっているのかお伝えします。

全身にあるリンパ管の中を流れる体液を俗に「リンパ」と呼びます。

一度は聞いたことがあると思いますが、私たちの体に張りめぐらされている血管に沿うかたちでリンパ線が全身にあります。 リンパ管の中にあるリンパ液には美容に大敵な老廃物や余分な水分を回収して運ぶという役割があります。

 

リンパは、「フィルターの働きを持つリンパ節」を複数経ながら、8~12時間かけてゆっくりと全身を一周して体内に感染が広がらないように細菌をくい止めています。

リンパで回収された老廃物は、皮膚の下に存在する毛細リンパ管をゆっくりと流れ、さらに下の太い集合リンパ管へと合流していき、最後には、くびの下にある鎖骨下静脈(さこつかじょうみゃく)から静脈に流れこみます。

もしも体内の余分な水分や老廃物が溜まり続けてしまうと、顔や全身がむくんでしまいます。

顔や首周りにリンパが集中していますからリンパマッサージをして流れをよくすると顔や体のむくみを取ることができ、すっきりとした小顔になるかもしれません。

また、リンパは筋肉の動きによって流れていますから運動不足になるとリンパが滞りがちになりますので軽い運動やストレッチを行うとよいでしょう。

 

 

・リンパがもとで起こる顔のトラブルは?

顔のたるみ

老廃物がたまってリンパの流れが滞るとむくんだ状態になり、その結果、頬のたるみやほうれい線を目立たせてしまいます。

シミ・ソバカス

新陳代謝が悪くなり、皮膚のシミ・ソバカスを押し上げる力も弱くなります。

くすみ

リンパの滞ると、くすみの原因にもなります。

 

リンパマッサージを行う際の注意点

リンパの流れに沿うようにゆっくりと行う必要があります。

老廃物や異物をとらえるリンパ節は顔の側面、首の両側に集中していて免疫細胞であるリンパ球をたくさん抱えています。

リンパをうまく流すポイント!

・・顔の中心から外へと流すのが基本です。

・・リンパは首から鎖骨へつながっています。 だから、この部分のリンパを流します。

・・リンパ腺は痛いほど押してはいけません、軽い圧力で撫でるようににします。

リンパマッサージの方向は

・・顔から首に向かって流しましょう。

・・首のリンパを左右の頬から横方向に流し耳から鎖骨に向けて下方向にすべらせます。


※私は普段、美顔ローラーを使ってケアしています。

お肌を適度の力でつまみながら流すような効果が得られて非常に重宝しています。

いろんな種類や大きさがありますから是非お試しください。

 


※疲れた手にはハンドマッサージ器を使用してみてはどうでしょうか?

手のこわばりを和らげたくてハンドマッサージ器を購入してみました。

使用してみるとこれが中々の優れもので手の疲れが和らぎます。

参考記事を紹介します⇒https://kenkotobiyou.com/hand-care-introduction/

 


「リンパマッサージ」の重要性

全身で作られ回収されなかった老廃物をリンパが回収するのです。

リンパマッサージをすることで、老廃物や余分な水分のデトックスだけでなく免疫力アップにも役立ちます。

だから、リンパの流れを整えることで、肌のコンディションが整い、弾力のある若々しい肌になることができます。リンパの流れが若さをつくる秘訣です!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です