5分づき米を食べて健康的な体に挑戦してみませんか..

スポンサーリンク




この前、5分づき米を数十キロもらいました。(ありがとうございました。お陰様で食費が浮きます)

我が家では今まで白米を主食として食べていたのですが、今日から5分づき米を食べる事になりました。どうゆうことかと言いますと(米びつ)に入っていた白米を全部食べ切ったため(米びつ)には、頂いた5分づき米しか入っていない状態なのです。白米を食べたくても在庫が一切ありません。

以前、健康のためにと思い玄米を購入し食べてはみたのですが、家族には大変不評でした。本当なら玄米を食べれば健康にいいと思うのですが一言で言って、あまり美味しくありませんでした。正直に言えば、購入したのを後悔した思い出があります。(玄米好きの方々申し訳ございません。玄米嫌いは我が家だけかも知れませんので怒らないでください)

その後、七分づき米を購入して食べてみた事がありましたが、これは白米とあまり変わらなかったために、あまり文句がでませんでした。何だかんだ言っても、これからしばらく我が家の食卓には、5分づき米が上がることになってしましました。(実を言うと5分づき米だから、もらっちゃいました)

そこで、5分づき米を食べてみた我が家の感想を含めて色々とご紹介します。

結果を先にいいますと、健康食として玄米は食べにくいと言う人にこそ「5分づき米をお勧めします。」

 

5分づき米にも栄養と色々な効果があるのをご存知ですか?

5分づき米とは

まず、普段私たちが食べている白米(精白米)は、玄米から果皮・種皮、糊粉層と呼ばれる(ぬか)部分を完全に取り除いたものです。そして、5分づき米は、精米の際に玄米から胚芽を含む(ぬか)部分を一部残して精米したお米です。精米の度合によって【三分づき】、【五分づき】、【七分づき】などがあり、数字が大きい順に白米(精白米)に近く白くなります。

・精米とは

玄米を白米にする作業のことで、玄米の茶色い(ぬか)の部分を削って白いお米にする作業を精米と呼びます。

皆さんもご存知かとは思いますが、胚芽やヌカには食物繊維やカルシウム、鉄などのミネラル、ビタミンB1やビタミンEなどの栄養素が豊富に含まれております。たとえば食物繊維の量は五分づき米では白米の3倍ありますし、ビタミンB1は白米の4倍、マグネシウムも3倍もあります。

五分づき米を食べてみた感想

食感はボソボソしているし、米の色はうす茶色いし、玄米ほどビタミンやミネラルなどの栄養素が多く含まれてはいません。白米と比べれば特有の風味があり残念ながらあまり美味しく感じません。そして、お米を食べる量が減りました。でもこれらは白米の甘さになどに慣れてしまっていたので、しかたがないことだと思います。また、玄米ほどではありませんが、よく噛まないと、のどを通りません。もし、これから五分づき米に変えて食卓に準備するのなら、良く噛んで食べるためにも食事時間を少し大目に取った方がよろしいとかと思います。(特に忙しい朝の朝食時間には注意してください。)

お弁当にご飯を詰めてみると、炊き込みご飯のような色合いになって非常に目立つので、海苔をのせ誤魔化しています。

食べてみて、どうしても気になるようでしたら、白米と見た目や食感も近い「七分づき米」から試してみることをお勧めします。5分つき米ほど食べにくくはありませんが、そこそこの栄養価はあるはずです。

 

健康食として(五分づき米)3つのメリット

1.いっぱい噛める

現代人は食事で噛む回数が減っていますが、玄米や五分づき米は、よく噛まないとのどを通らないので、玄米食は「噛む習慣」を付けるためには理想的といえます。また、噛む回数が増えると、脳の満腹中枢を刺激して、お腹がいっぱいだと勘違いさせやすいそうでからダイエット向きですね。

2. 食事に含まれる糖質が気になる方

実は、白米と五分づき米ではGI値が大きく異なり白米より低い値です。GI値とは、グリセミック・インデックスの略のことで、GI値が高いほど血糖値は急激に上昇し、インシュリンの分泌は活発になり、GI値が低いほど血糖値の上昇は緩やかになり、インシュリンの分泌を抑えることができます。インシュリンの分泌が多くなると、脂肪が作られ身体に蓄積されるため、太りやすくなります。

・インシュリンとは

インシュリンは、すい臓から出る体内ホルモンの一つで、血糖値を下げる働きをするホルモンです。インスリンは、食事によって血糖値が上がると、血糖をとり込んでエネルギーとして利用したり蓄えたりしながら、食後に増加した血糖を一定量に保ちます。ちなみに、糖尿病は、すい臓から出るインスリンが減少するか、またはインスリンの働きが悪くなって、血糖値を下げられなくなった状態(高血糖状態)が続く病気です。

3.食物繊維が豊富

五分づき米にも食物繊維がたっぷりと含まれています。食物繊維が水分を吸って膨らみ、さまざまな老廃物を絡め取りながら腸を移動するため便通が改善しやすくなります。

 

 五分づき米のデメリットとしては、やはり消化されにくいことが上げられます。

玄米程ではありませんが、よく噛んでから飲み込む必要があり、噛む回数が少ないと胃腸で消化されにくくなるため、人によっては下痢を引き起こしたり便秘になったりすることもあるようです。

 

参考までに

玄米や豆、ナッツなどにはフィチン酸が含まれているそうです。これは、鉄分や亜鉛やカルシウム、マグネシウムなどを吸収しにくくさせる作用があるため、玄米を食べるとミネラルが小腸で吸収されにくいなどと長いこと考えられてきました。しかし、玄米のフィチン酸はフィチンという状態で存在しているので、ミネラル吸収に影響することを心配する必要は少ないそうです。また、フィチン酸は、尿路結石、腎結石、がんの予防対策にも役立つと言われているそうです。


・つい先日に発見してしました!

自宅の炊飯ジャーには玄米炊き用のメニューがありました。(ほんとに私は無知でした!)

このメニューを知る前までは、水を多めに入れ一晩寝かせて五分つき米を炊いていたのですが、玄米炊き用のメニューにしてみたところ、お米が少し柔らかく炊き上がりました。

すごいですね!食べたときの触感が全然違いました。

 

 

 

この玄米炊き用メニューを使用して五分づき米の美味しい食べ方を追求していきたいと思います。

精米した五分づき米を食べきった感想ですが、便通がよくなり(便がトイレの水に浮きます)びっくりしました。お肌も心なしかすっきりしています。そしてご飯を食べる量が減りました。(家族全員です)

体調は本当によくなったのですが、お米の食感が悪く結果として不評でした。今は白米に戻したと嘘をつき7分つき米と白米をブレンドしたお米を食べていますが誰も気が付きません。夫が太り始めたらまた五分づき米に戻すかオートミールを食べさせたいと思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です