足が冷たい人におすすめ、手作りの足首ウォーマー!

スポンサーリンク




最近、年がら年中、足が冷たくて熱くならないのです。

私の足はいったいどうなってしまったのでしょうか?

冬は寒くて足が冷たく、夏は冷房のせいで足が冷たいと思っていたのですが

事はそんなに簡単ではないようです。

今では夏の暑い時期に冷房を入れなくても足が冷たいんです!

私の足はなぜこうなってしまったのか?

このことをしばらく考えてみたのですが

これは遡る事、エステ時代に経験していたギンギンに冷えたエアコンで

仕事をしているうちに足の血行が悪くなってしまったのが原因だと思っています。

いままでは全然気にならなかった室温だったのですが

今では夏場でも靴下を手放すことができない体になったしまいました。

長い間冷房にさらされ続けた足が悲鳴をあげはじめています。

夏場の足冷え対策で靴下の重ね履きはいくらなんでも恥ずかしくてできません。

冷え対策で足をなるべく温めるのを心がけているのですが

夏場は床付近にエアコンの冷気がどっと溜まっているので

黙って椅子に座っていると、どうしようもないくらいに

足が冷たくなってしまいます。

また、長時間椅子にすわることで足のむくみもでてきてしまいます。

本来なら歩くなど体を動かすことで太ももやふくらはぎの筋肉が

心臓まで血液を送る力が発揮されるのですが

筋肉を動かさない状態が長く続くと、ふくらはぎポンプの役割は弱まり

心臓から遠い足は冷えやむくみやがでてきやすくなります。

 

足の冷えやむくみを改善するには

つま先を床につけ足首を回したり、椅子に腰かけたまま

ひざをピーンと伸ばし、その状態で足の指を動かしたり

足首を回したりしてみることで、効果が期待できます。

働いている方で、同じような足の冷えを抱えている方は

今すぐにでも

夏場の寒さ対策用でお使いの、ひざ掛けをしたまま

ちじこまっていないで、簡単な足のストレッチをしてみてください。

無理にでも時間をつくり一時間に一回は椅子から立ち上がり

ぐるぐる動き回る事を心がけて下さい。

 

締めつけの強い靴下は血行が悪くなり足は冷えやすくなります。

今はどんなに足が冷たくても靴下を履いたまま寝ないことにしています。

なぜかといいますと、寝るときに靴下を履くとかえって

足が冷えるからだと言われていますから。

その理由としては、靴下はピッタリと足に密着していますので

熱がこもって逃げられなくなります。

そのために必要以上に足汗をかきやすく、その汗が足の体温を吸収して

かえって足を冷やすことになってしまうからです。

 

私は、寝る時には靴下の代わりに足首を温める工夫をしています。

北国ではよく、首や手首や足首を冷やさない事が防寒のポイントと言われています。

この部分は実は一番冷えやすくなるところです。

特に冬にネックウォーマーを首に巻くと体の暖かさが全然違うのを

身に染みて経験しています。

そこで、

寝ているときの足冷えを防ぐために「足首ウォーマー」を手作りしました。

作り方はいたって簡単です。

1.使い古しの靴下の足首部分をハサミで切り取ります。

2.切り取った部分がほつれないように縫います。

これで足首ウォーマーの完成です。

何で手作りをしたかといいますと

過去には市販のレッグウォーマーを使ってはみたのですが

足への締め付けがちょっときついのと

ちょうど良い長さの商品も無かったので使い辛さを少々感じていました。

そんなことがあり、試でお古の靴下を使い手作りしてみたんです。

効果がそこそこあり、短い足首ウォーマーでも体感できる暖かさは遜色ありません。

今では夜だけでなく、年がら年中、家の中で使用しています。

(さすがに外出では付けて歩きませんが)

足の血行が良くなることで疲労回復効果も期待できます。

 

冷えの感じ方は人それぞれ違いますが

足に冷えを感じているという方は一度お試しください。

履き潰しの靴下でOKですヨ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です