体重を3kg減少させるための実行(Do)方法とは

スポンサーリンク




一口に実行(Do)すると言っても

ただウォーキングをすればいいというものではありません。

よりよい効果を得るためどうするのかを意識して実行して下さい。

まずは、ご自身が3か月で3kgの体重を落とすために立てた計画に対し

具体的なウォーキングのしかたを考えてみましょう。

 

もし、健康な体をお持ちであれば

効果的な時間帯は、やはり朝ごはん前の空腹時が最適でしょう。

このタイミングで歩くと、血液中のブドウ糖が少ないために

脂肪燃焼効果があります。

ただし、運動が強すぎると、脂肪ではなく、糖をエネルギー源として

体が使ってしまうために、低血糖症などに陥る危険性もあります。

 

よく言われるのが、脂肪燃焼のためには最低20分以上

運動を続ける必要があるそうです。

できるならば、歩数計を持ちながら歩く事をおすすめします。

今の歩数計は消費カロリーや歩数、距離、などを計測できます。

もしも歩数計がないのならインターネットサイトで地図を開き

ご自身の歩く距離を調べてみる事をお勧めします。

歩く距離とウォーキング時間が解れば時速何キロメートルで

歩いていたのか分かるからです。

日々時間を確保ができないかたでも、10分とか20分に分けて

歩くようにしても効果が得られます。

ちなみに、「時速6km程度のウォーキング」で効果がでやすいとも言われています。

 

注意事項としては

起きたばかりの体内は水分が低下し、血液の粘土が高まっています。

その状態で運動をすると、非常に危険です。

必ずコップ1杯程度の水分を補給し、最初はゆっくりとした速度から歩きましょう。

 

朝食前のウォーキングが無理ならば

食後30分から1時間後のウォーキングが血糖値の上昇を抑えることができます。

また、食事すぐの運動は消化吸収の妨げとなり胃腸に負担をかけてしまいます。

食べてすぐに歩くことは避けてください。

 

歩く時間を決めたら

体重の推移を表にして記録してみましょう。

日々の体重は毎日同じ時間に測定し記入して下さい。

歩数計をお持ちであれば、その日のウォーキング歩数や消費カロリーなどを

記入できれば、なおよろしいかと。

PC等をお持ちの方はエクセルなどへのデーター入力でも問題ありません。

要するに実行した記録を取る事が大切です。

 

ウォーキングは、歩く姿勢も大切です。

視線はまっすぐ前に向け、顎を引いて背筋をのばし、大またで歩きます。

かかとから着地し、つま先でけりだします。

 

ただ、毎日ダラダラ歩くだけではいけません。 しっかり自己と向き合う事が必要です。

※P・D・C・AサイクルのCheckActionに関しては後日説明します。

【追加説明】

※体重を3kg減少させるための計画(Plan)のしかた⇒https://kenkotobiyou.com/manner-of-the-plan/

※体重を3kg減少させる為への評価(Check)のしかた⇒https://kenkotobiyou.com/manner-of-the-improvement/

※体重を3kg減少させる為への改善のしかた(Action)⇒https://kenkotobiyou.com/manner-of-the-improvement-action/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です