乾燥肌の人へ! セラミドを知っていますか

スポンサーリンク




セラミドをご存知でしょうか?

お肌の水分保持機能やバリア機能を保つ役割をもちます。

不足すると、乾燥肌によるトラブルの原因にもなります。

汗やほこり、紫外線などの外部刺激に対する力が弱くなり

肌荒れやアレルギー症状、肌の老化などを引き起こします。

・シミのできる原因はこんなところにもあった⇒https://kenkotobiyou.com/cause-of-the-stain/

セラミドは化粧品で補うこともできますが食事からも摂取できる成分です。

まずは、乾燥肌を改善に導くセラミドを増やす食べ物、減らす食べ物について解説していきます。

セラミドは、人の肌のほかに米や小麦といった植物にも含まれています。

 

・セラミドが多く含まれる食品(100gあたり)

米:約100μg

小麦:約220μg

大豆:約70μg

こんにゃく芋:約1,000μgなど。

また、黒色をした食品にも多く含まれています。

黒豆、小豆、ひじき、ワカメなどの「黒色」の食品は

セラミド含有量が多い傾向にあると言います。

セラミドを食事で摂取しても、それを生成する食材も食べなければ

セラミドを増やすことができません。

きれいなお肌を目指すためにもバランスよく食べましょう。

 

・セラミドの生成をする食材

たまねぎ、白菜、キャベツ、じゃがいも、トマトなど

これらの食材を一緒にとることでセラミド量を増やすことができます。

 

・一日に必要な摂取量(0.6mgから1.2mg)

1日に必要なセラミドの量は0.6mgから1.2mg といわれています。

・1mg(ミリグラム)とは

・1ミリグラムは0.001g(グラム)です。

 

・リノール酸はセラミドを減らします

リノール酸は血中コレステロールを減らすことで有名ですが

過剰に摂取するとリノール酸から合成されるアラキドン酸が

セラミドを減少させます。

植物由来の油のため、ひまわり油などに含まれています。

また、インスタント食品やドレッシング、マーガリンなどにも

含まれていますから摂取しすぎに注意してください。

 

・セラミド配合のプリメントを摂る。

セラミドを高濃度で配合しているサプリメントは植物性の原料から

作られている商品も多く、食品から摂取するのと同様の効果が期待できます。


 


 

・セラミド化粧品は効率的

セラミドは皮膚表面に一番近い角質層に存在しています。

セラミドが減ると肌は水分を失って乾燥しますすが

化粧品として塗ったほうが浸透させやすいといえます。

セラミドは肌ストレスや加齢とともに減少していきます。

乾燥が気になる方は、セラミド配合の化粧品を使い

お肌のケアをすることで効果を感じるでしょう。


 


セラミドを日々の食品で摂取して、化粧品でお肌のケアをして

さらにサプリメントで補助的に摂取するのが効果的といえます。

これで、若々しい潤い肌をキープしましょうネ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です