オールインワンの基礎化粧品について知っていますか。

スポンサーリンク




最近、オールインワンといわれる基礎化粧品をよく耳にしますが、これを使っている方はいますか?

化粧をする上で基礎化粧品として「化粧水」、「美容液」、「乳液」、「保湿クリーム」などを個々に購入して使用している人も多いのではないでしょうか?色々なメーカーの商品を単品で購入して使用してみたり、同じメーカーのシリーズ商品を取り揃えてみたりして使っているのではと思います。

私がエステ店長だった頃は、お店で販売している化粧品を購入して使用していましたが、最近では化粧水一つをとっても様々な成分が入っている商品が色々なメーカーから販売されていて巷にあふれかえっています。

どうしても経験上、商品紹介のキャッチフレーズなどが購買意欲をそそり、一度は購入してみて使用具合を確かめてみたい衝動にかられます。(金銭事情が許す限りですが)

 

最終的に継続した購入をするかは自分の肌にしっくり合うかどうかで判断しています。

しっくり感はどうしても使う人の感覚に左右されるため助言が難しいところでもありますが、ここが非常に大切なことで、押えておくポイントとなります。他人の評価はどうであれ、まず自分の使用感を優先して下さい。

これこそ自分に合っていると思った化粧品でも、次から次にと出てくる新しい化粧品はやはり気になりますし使用してみたくなるのが本音ではないでしょうか。

こんなことを繰り返しながら購入していると、「美容液」や「乳液」や「保湿クリーム」なども増えてしまいます。

職業柄でしょうか、化粧台に化粧品が一杯ならんでいるのを見ると心が落ち着きます。

使ってみて、肌に合わない化粧品もあります。そのような化粧品はしばらく第一線を離れ一人さびしく化粧台の隅へと追いやられます。その後、日にちが経つと成分劣化が怖いので残っていても廃棄にしてしまいます。

 

昔はもったいないので無理してでも使い切っていたのですが、今は肌に悪影響を与えればまずいので廃棄にしています。くすみを防ぐ化粧品で、くすみがでてきたら洒落になりませんから。

そんなこんなで、増えてしまった化粧品を一つの商品で色々な役割ができてしまうのがオールインワンといわれる基礎化粧品です。忙しくて時間のない時や、お肌のケアが面倒な時などは非常に使い勝手がよろしいかと思います。そして、この基礎化粧品があなたのお肌にあえば最高のコストパフォーマンスとなるでしょう。

 

でも、全ての機能が一つの商品でできてしまうということは、全部が中途半端になりはしないのでしょうか?

オールインワン化粧品が普及したのは、化粧成分をゲル化(柔らかいゼリーのようなもの)するという技術があるからです。本来、化粧水や美容液は液体ですが、このゲル化をする事により色々な成分を混ぜてしまう事ができます。

化粧品に使われるゲル化剤は、合成樹脂が主流で透明性の高いゲルや高粘度・低粘度など色々なゲルを作ることが可能です。ゲル化剤を加え、どれだけの量を使うかで化粧品のカテゴリーが決まります。最近では、天然系のものなども開発され進化してきているようです。

お肌は、毎日同じ状態ではありませんよね、選択肢があればその日の肌に合った化粧品をつかえますが、オールインワン化粧品の場合はどうなのでしょうか?

じつは、基本的な成分のたらきは同じで、普通の化粧品と大きく変わるものではありません。

個人的には日々のお肌ケアに使用するぶんには問題ないかと思いますが、もしお肌に悩みがあるのであれば、それに特化した化粧品を使用した方が効果を期待できるかと思います。

やはり最終的には、あなたのお肌に対して本当に役割を果たしてくれるのか化粧品成分を確認して判断することが大切となります。

最後に、そもそもオールインワンには明確な定義や基準があるわけではありません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です