血糖値とお肌

スポンサーリンク




お肌を老化させる原因は色々とありますが

そのなかの一つに血液の糖化があります。

普段バランスのとれた食事と適度な運動をしている方には

問題ないのですが、不適切な食生活や運動不足、喫煙、過度の飲酒を

繰り返すと体に色々な異変が起こってきます。

 

たとえば、だまってほっておくと、このように進行してしまいす。

・肥満 ⇒ 肥満症

・高血糖 ⇒ 糖尿病

・高血圧 ⇒ 高血圧病

・脂質異常 ⇒ 脂質異常病

 

その中から高血糖とお肌について話します。

血液中の血糖値は、筋肉や肝臓でエネルギーとして

使われることにより下がります。

そこに必要となるのがすい臓から分泌されるインスリンです。

高血糖が続くとすい臓に負担がかかり

結果インスリンの低下がおこります。

 

インスリンが低下すると、どうなるのか?

血液中の糖が増えて全身の血管にキズがつきます。

血管にキズがついたら、どうなるのか?

糖尿病の危険性が増えます。

糖尿病になったら、どうなるのか?

・失明のおそれ

・人工透析治療のおそれ

・壊疽(えそ)による足の切断のおそれ

 

高血糖の症状で見逃しがちなのが

ダイエットや運動をしていないのに急に痩せはじめた。

痩せるのは嬉しいのですが何もせず痩せるはずはありません。

糖尿病を含め病気が潜んでいる可能性があります。

 

糖尿病の症状には、手足のしびれや目のかすみ

肌のかさつき、かゆみもあります。

 

高血糖の状態が続くと、免疫機能が低下し感染症にかかりやすくなり

肌トラブルを起こしやすくなります。

血流も悪くなるため、手先・足先の血色が悪くなったり

冷たくなったりしもします。

また、皮膚に必要な栄養や酸素が行き渡らなくなり

乾燥やかゆみにつながります。

 

もし、お肌にかゆみなどの異変が生じたら

 

・熱いお風呂やシャワーを避ける

温度の高いお湯は肌の水分を奪いお肌の乾燥のもとになります。

 

・ゴシゴシ強く洗いすぎない

にかゆい場所をゴシゴシ洗いすぎると、皮膚のバリア機能を壊してしまいます。

・お肌の保湿はなるべく早く行う

お風呂やシャワー後の体が水分をふくんでいるうちに保湿クリームや化粧水など使いましょう。

 

体や、お肌の調子が今までとちょっと違うと感じたなら

念の為に病院で検査を受けて下さい。

 

糖尿病になっていた場合には血糖値をコントロールしなければなりません。

投薬や食事制限はもちろんの事ですが、運動は習慣化しましょう。

 

「お肌のかゆみ」や「くすみ」、もしかしたら「高血糖」からきているかも?

 

※糖化を抑制する抗糖化食品というのもあるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です