高齢化と最近の認知症を考えてみました。

スポンサーリンク




厚生労働省が2018年7月に公表した日本人の平均寿命は男性81.09歳、女性は87.26歳で過去最高を更新したことがわかったそうです。国際比較で見ると、日本女性の高齢者ランキングは第2位、男性は第3位。

 

ちなみに皆さんはこの平均寿命とは何の事か知っていますか?この平均寿命とは亡くなった人の平均年齢でなく、今年の死亡率がこのまま変わらないと仮定した上で、その年に生まれた子どもがこの後何年生きるか推計したものが「平均寿命」と言われています。

私の周りにもいましたが、女性の平均寿命が約90歳で、私が今40歳だから、あと50年くらい生きられる?といった考えです。 間違えないでください、今年生まれた0歳の赤ちゃんが、今後生きていられると思われる年齢のことです。

このように、これだけ平均寿命が延びてになってくると、世間では認知症の発症と対策が騒がれ始めてきています。特に認知症は急に訪れるわけではなく、何らかの症状が事前に現れ始めます。

 

認知症の兆候とは

認知症は初期の段階では時にこれと言った検査方法もなく、医師による診断は非常に難しいそうです。同居しているご家族や普段一緒にいる人が普段接している中で、何となく今までと違うなどと気づく事が多々あります。

どの様な兆候が見受けられるか?

・感動的なドラマや映画を見ても泣けなくなった

・好きな食べ物が変わったほか(これまで嫌いだったものをよく食べる等)

・ドアノブや瓶の蓋がうまく回せない

・ネクタイを結ぶのに時間がかかる

・靴ひもが結べなくなる

・自動販売機にうまくおカネが入れられない

・道に迷いやすくなる

・手拍子がうまくできない

・電話をかけるのに時間がかかる

・イライラすることが増えた

・大切な話をしているのに聞き流したり、無視したりする

・2つのことを同時に行うことができなくなる(電話をかけながらメモを取る等)

多くの方が勘違いしがちですが、認知症による記憶障害は「忘れる」ことではないそうです。

もちろん認知症では、記憶への影響も出てきますが、「忘れる」というのは誤解で、過去に覚えたことが記憶から失われるのではなく、「新しいことが記憶できない」というのが認知症の記憶障害だそうです。

単なるもの忘れとは違い、認知症では、最近体験した出来事でも、記憶からすっぽり抜け落ちてしまいます。(酔っぱらいの前日の記憶が無いのと同じ様な症状みたいです)

しかし、単なるもの忘れも油断はできないそうです。もの忘れは脳の疲労からくるもので、無視し続けると、後に認知症になる可能性が高まるそうです。(人の名前が出てこない、買い物に行ったのに何を買いに来たか忘れた、携帯をどこに置いたかわからなくなる)単純なもの忘れが、一日に何回も起きているようなら注意が必要です。

知り合いから聞いたのですが、会社務めの男性(20代半ば)の母親が若年性認知症になり、母親の面倒を見ることになり、会社を退職した人がいたそうです。認知症を発症したとき母親はまだ50代半ばだったそうです。

なんでもスーパーに一緒に買い物にいったときに、買った物と支払い時に対して少し違和感を覚えたのが始まりで、決定的に変だと確信した事は、食事の後始末で茶碗を洗い終えた後に、少ししてから茶碗を洗わなければと真顔で言われてしまい、これは何か絶対に変だな?と思ったそうです。

ふり返ってみれば、色々と小さな兆候は出ていたみたいですが、結果的に病院に行くのが遅れてしまい結局は看病のために会社を辞めて面倒を見ざる負えない状況になってしまったそうです。

まだ若いのに、色々な意味であまりにも可哀そうです。今では、お会いする事もなくどうなったのか知り得るすべもないそうです。

このように、今では誰がかかってもおかしくない病気の一つではないでしょうか?とにかく、今までの行動とは違うと違和感を覚えたら迷わず病院へ行ってください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です